PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

東京時間に113.62まで緩んでいたドル円は午後7時以降に113.97まで買い上がりましたが、114円台には届かずでした。
午後7時18分に2.397%まで上がった米10年債利回りが低下に転じて、ドル円も上値が重たくなる展開に。
NY参入後の戻り高値は113.87でその後113.65以下で2回下げ止まりましたが、3度目に113.60が割れてアジア安値を切ったところでストップが出て明け方4時半過ぎから下落。
安値は113.25までタッチして引けは113.43でした。

シドニーで113.49までは戻したものの、戻り売り圧力が強くなって113.42‐45で3回ほど戻りを止めて今、113.302まで突っ込んでいます。
114円台は重たかった印象が強いのですが、材料がない状態ではこのままずるずると112円台まで下げるイメージも無く113円台前半~113.60ぐらいの揉み合いをイメージします。

113.20以下押し目買いのタイミングを113.00にかけて探すイメージ。
112.80切れたらロングは損切りします。
上値は113.60‐65から上が重たそうで跳ねたら113.80‐85を背に売ってみるのもいいと考えています。
ロングもショートも長くは引っ張らずにこまめに利食いしながら回転出来たらいいなと思っています。

本日もよろしくお願い申し上げます。


本日の詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

15:45  フランス   10月企業景況感指数
16:00  フランス   10月製造業購買担当者景気指数
16:00  フランス   10月サービス部門購買担当者景気指数
16:30  ドイツ    10月製造業購買担当者景気指数
16:30  ドイツ    10月サービス部門購買担当者景気指数
17:00  ユーロ    10月製造業購買担当者景気指数
17:00  ユーロ    10月サービス部門購買担当者景気指数
23:00  米国     10月リッチモンド連銀製造業指数


週明け東京市場では先週末に行われた衆院選挙で自民と公明与党が圧勝し、ドル円は114円台乗せとなったがその後は利食い売りに押されて終わっている。

与党が300議席を獲得するのではとの世論調査もあり与党が過半数をとることを市場は織り込んでいた。
しかし、実際には312議席を獲得するなど、予想以上の安倍政権の強さを見せつけられたことでドル円は114円10銭まで上昇。
しかし、その後は利益確定の売りなどから113円ミドル付近に押し戻された。

欧州市場ではユーロはカタルーニャ自治州が今週、州議会を招集し対応を協議するなど、独立問題への不透明感から売りが強まった。
また、26日にはECB理事会が控えていることからポジション調整の売りも散見された。

NY市場ではFRB議長人事待ちということもあり上昇が続いた株式市場は全般に利食い売りが先行。
NYダウは7営業ぶりにマイナスとなるなど一服感が漂う一日となった。
また、米長期金利も若干低下するなどドルの上値は抑えられた。

昨日はトランプ大統領がFRB議長の決定について非常に近いと述べたことから、今日明日にも明らかになる可能性が高い。
その中で今日は方向感に乏しい動きが予想される。

FRB議長人事待ちの中で今日はユーロやポンドといったドル以外の通貨に注目が集まりそうだ。
特に上昇したクロス円の調整売りがみられる。
短期筋を中心とした相場展開では往って来いになりやすくフットワークを効かせた取引が有効となる。





みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長