PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

売り指値だったドル円108.720、109.050でストップを置き、素通りでした。
1.19650で指値買いしたユーロドル、ほぼコスト。
う~む、ここまで楽観的ですか、市場は。

北朝鮮の挑発的行動が週末なかったということで米株式は思いっきり買い戻されて、+ 22,057.37 +259.58と急騰。
米10年債利回りは2.131% +0.080と2.08%台後半から急騰、価格は急落しました。

国連安保理の北朝鮮制裁決議案は中国・ロシアに配慮した結果、当初の「原油全面禁輸」から「原油の北朝鮮向け輸出を過去一年間を超えないようにする」とほぼ骨抜きに。
全会一致でも内容は大きく後退したことは確か。
これでは北朝鮮は大喜び!?か。

最強ハリケーンと言われたイルマは急速に勢力が弱まりカテゴリー1となったことで、被害が当初考えられたものから相当軽くなるとの思惑で米国株式は上昇した模様。
108.75手前で売ってみましたが108.90手前で止まっても108.75割れが精一杯で、利食い買い戻しのタイミングは全くなく、そのまま108.85‐90を抜けて109.51まで吹き上がる展開でした。

週末何もなければ多少は買い戻しが入るとは思っていましたが、多少どころかガッツリ買い戻しが入って、まさかこんな所まで上がるとは全く思わず。
地政学的なリスクが無くなった訳ではないのにと思いますが、ある程度そのリスクをも織り込んで、107円台前半までストップで売りこんだドル円だからこそ、2円以上安値から上がったんでしょう。
完敗でした。

しかし週末および昨日北朝鮮がミサイルを発射しなかったからと言って今後発射しないというわけでもなく、安易にドル円ロングを取って、いきなり急落されても困るし、今この水準からドル買いで攻めるイメージもないし、109円ミドルから110円手前ではドルの売り場探しをしたいと考えています。
110円台前半では一旦切って、110円台ミドルで再び売り場探しします。
最終的に111.00を超えたらドルの下攻めは宗旨替えになるでしょう。

今日は少なくとも109円台ミドル越えがあるのかどうかを待ちながら、しばらく市場ポジションの傾きが溜まるまで様子見します。(気持ちは売り目)昨日+41.9銭しか儲かっていないからドル円損切りでかろうじてプラス。
さあて、今日は市場では短期勢はどうするのでしょう?
損切り以外で109.34で新規にロングを作るのか?
自分にはその選択肢は全くないですけど・・・。

本日もよろしくお願い申し上げます。

1.19642でユーロドル 昨日の指値買い1.19650を微損切りしてスクエアにしました。
昨日の収益に計上します。


本日の詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

10:30  オーストラリア  8月NAB企業景況感指数
14:30  フランス    4-6月期非農業部門雇用者・改定値
17:30  イギリス    8月消費者物価指数
17:30  イギリス    8月小売物価指数
17:30  イギリス    8月卸売物価指数


9月9日の北朝鮮建国記念日は挑発的行動がみられなかったことから、週明け東京市場ではこれまでの円高ドル安の反動からドル円は反発して始まった。

北朝鮮は毎年建国記念日に核実験やミサイル発射などの挑発的行為を実施したが、今回は既にそれらを実施していたこともあったのだろう。
結果的に円や対ドルだけではなく他の主要通貨に対しても全面安となった。

日経平均株価も大きく反発し欧州市場でも株価は全面高。
これまで売られ過ぎたドルや株の買い戻しが一斉に強まった。

NY市場でも株式市場は三指数ともに大幅高となり米長期債利回りも急上昇。
北朝鮮の影響が後退したことに加えハリケーン「イルマ」の被害が当初予想されたものを下回るとの見方が株価を押し上げた。
また、原油価格も上昇するなどリスクオンの動きが円売りを促し、ドル円は109円ミドル付近まで買い戻された。

過度に悲観的な見方から一転して市場のセンチメントは楽観的な見方が広がり、安全資産からリスク資産へと資金が戻り始めている。

今日の東京時間には国連安全保障理事会による追加制裁決議の採決が行われる。
これにより、北朝鮮が敵対的行為に出るのではといった警戒感が依然として燻る。
しかし、核実験や大陸間弾道ミサイルを成功したとみられることもあり、核戦争という最悪の事態が生じる可能性もある。
各国慎重な対応が予想されることから目先は寧ろ円売り戻しの動きが更に強まるとみている。
本日の国連採決後は更にドル高円安の動きが強まる可能性が高いとみて、流れに乗ってみる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長