PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

たまにパラパラ降ったりもしますが、一部で青空も見えて神奈川県中央部では台風の影響はそれほど大きくはなかったので、良かったですが、今後の進路に当たっている方、充分にご注意くださいませ。

さて、相場の方は夏枯れな感じでLN~NYを通してドル円は110.70-110.92レンジ。
ブレイナードFRB理事、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁ともにバランスシートの縮小開始に賛成。
ブレイナードFRB理事は現時点での利上げの必要性を否定。
米セントルイス地区連銀のブラード総裁「米労働市場の改善が継続したとしてもインフレ率が大きく上昇する公算は小さいため、連邦準備理事会(FRB)は当面は金利を現行水準に据え置くことができる」など年内あと一回の利上げに関しても後ずれする可能性が高まる展開も。

跳ねたら売りたい方向ではありますが、無理に売りで追いかけて下がる場面で売らないようにしたいです。

本日所用で席を外し、戻ってくるのは夕方になる予定です。
ツイートも回数は少ないと思います。
よろしくお願い申し上げます。

昨日は結局、スキャルはノートレードで終わってしまいました・・・。

本日の詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

*     中国    7月貿易収支
08:01  イギリス  7月英小売連合(BRC)小売売上高調査
08:50  日本    6月国際収支・経常収支
08:50  日本    6月国際収支・貿易収支
10:30  オーストラリア  7月NAB企業景況感指数
14:00  日本    7月景気ウオッチャー調査-現状判断DI
14:45  スイス   7月失業率
15:00  ドイツ   6月貿易収支
15:00  ドイツ   6月経常収支
15:45  フランス  6月貿易収支
15:45  フランス  6月経常収支
15:45  フランス  6月財政収支


昨日は特に目立った材料もなく夏休み相場に突入したような動意の乏しい動きが続いた。

週明け東京市場では先週末に発表された米雇用統計が好調な結果を示したことを受けドル円やクロス円は全般に高値圏でのもみ合いが続いた。

欧州市場に入ったところでユーロが上昇する場面も見られたが最終的に元のレベルに戻る往って来い。
短期筋のユーロショートの炙り出しが入ったとみられる。

NY市場でも様子見気分の強い中で株式市場は三指数ともに上昇。
雇用統計の結果から好調な米国経済に対して賃金伸びの鈍化がみられることから利上げペースが慎重になるとの見方が株価を支えた模様。

この日はブラード米セントルイス連銀総裁が「最近のデータはインフレ率の目標達成に疑問」「金利を現行に据え置くことが最善」と発言したが市場への影響は見られなかった。

先週の雇用統計が終わり、当面大きなイベントは8月下旬に開かれるジャクソンホール会議まで何も見られない。
次のテーマが出るまでは動きにくい状況が続くと思われる。

トランプ政権への不透明感は燻るものの、当面議会も夏休みで材料は出にくい。
材料がないということは寧ろ安定感から金融相場に傾きやすくなる。
安定相場はリスクオンの動きが強まることが多く、円売りの動きが少しずつ強まるとみている。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長