PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

ISMで跳ねて113.456までタッチしてからというもの、一番下がっても113.268で、ほとんど下がりません。
本日は米国が休場で小動きだと思いますが、このところのドル円急上昇で完全に乗り遅れてしまいました。
高値警戒感が強く買えないままあっという間に113.50手前です。

112円台後半で上値が止まっていれば、まだ下値トライの流れが継続とも受け取れたのですが、ここまで来ると上値確認する動きが活発化するのもやむを得ないところ。
113.05ぐらいにストップを置きながら113.25-20の押しを待ってみましょうか?
利食いは113.45-50で、抜けたら一回目は買わず押しを待って再び買いで付いて行くようなイメージです。

本日の詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本     6月マネタリーベース
10:30  オーストラリア  5月小売売上高
13:30  オーストラリア  豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
17:30  イギリス   6月建設業購買担当者景気指数
18:00  ユーロ    5月卸売物価指数


週明け東京市場では都議選で自民党が大敗したことを受けアベノミクスへの懸念の高まりから円高で始まった。
しかし、円買いの動きは一時的なもので先週NY終値レベルに押し戻された。

欧州市場が始まると欧州株高やNYダウ先物の上昇によりリスクオンの円売りが強まりドル円はひと月半ぶりに113円台に上昇。
一方、ドル高の動きが強まりユーロやポンドが下落に転じたことでクロス円の上値が抑えられた。

NY市場に入りこの日注目の6月ISM製造業景況指数が57.8と予想の55.2を上回り米長期金利が上昇したことでドルが全面高となった。
また、先週発表された米シェールオイルの掘削リグ稼働数が1月以来の減少となったことから原油価格が上昇。
NYダウも大幅高となったことでリスクオンの円売りの動きが強まりドル円はこの日の高値となる113円48銭を付けた。

結果的に米長期金利上昇でドル高が進む中で株高原油高による円安が進むなど、これまでの市場の動きが一転して強気相場の始まりがみられた。
この日は明日が独立記念日ということでNY市場は半日で終了。

本日のNY市場は休場となり特に目立った材料はない。
しかし、ドル高円安の流れが始まったばかりで、寧ろ何もないときの方が相場は大きく動く可能性が高い。
都議選の結果アベノミクスへの懸念が高まるとの見方が高まったが円高に進まなかったのは今の相場の強さを示した格好だ。

ドル高によりユーロやポンドの売りがドルの上値を抑えるものの、それ以上に円安の勢いは上回っている。
ドル円クロス円ともに押し目買いスタンス継続で臨みたい。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長