PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

欧州高値の111.726から一旦は低調な米耐久財受注を受けて111.358まで反落しましたが、111.561-368で下値を固めて111.70レベルへ。
111.75から上のストップを引っかけて111.945まで上昇して、111.87NY引けでした。

9時から日経平均が上昇しドル円も111.842から切り返して111.950までタッチです。
111.75-70のサポート、111.50-55のサポートもありそうですが、判りやすい111.35以下のストップもあると思います。

上値は重たそうですが流れからやるとしたら111.80以下の押し目買いで様子を見る感じでしょうか?
112円から上は重たいと思うので、跳ねたら利食い千人力でイメージ。
買った場合にはストップは111.60で一旦かけて、更に押しを拾って111.340でストップかける予定です。

本日の詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

07:45  ニュージーランド  5月貿易収支
19:00  イギリス   カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
22:00  米国     4月ケース・シラー米住宅価格指数
23:00  米国     6月消費者信頼感指数
23:00  米国     6月リッチモンド連銀製造業指数
26:00  米国     イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


週明けシドニー市場で円が買われる場面も見られたが、東京市場は日経平均株価が堅調な地合いで始まったことでリスク回避の円売りの動きが先行。
ドル円は先週と同様に動意は乏しく111円前半でのもみ合いが続いた。

一方、欧州市場でユーロを中心にクロス円の買いが活発となりドル円もつられて111円70銭付近まで上昇。
ドイツの6月IFO景況感指数が予想を上回ったことや、イタリアの二つの銀行に対して公的資金投入が承認されたことなどが好感された。
また、英国でもメイ首相率いる保守党と地域政党とが閣外協力をすると合意したことも市場に安心感が広がった。

NY市場ではこの日発表された米耐久財受注が-1.1%と予想の-0.6%を下回ったことからドルは全面安。
ドル円は111円30銭付近まで押し戻された。
しかし、NYダウが一時110ドル超上昇したことや原油価格が反発。
リスク回避の円売りの動きが強まるとドル円はストップロスを巻き込みながら111円93銭まで上昇。
結局この日は円が全面安となりクロス円やドル円は高値圏での引けとなっている。

米経済指標はここにきてまだら模様で米長期金利も依然として低水準で推移。
原油価格も下げ止まったとはいえ依然として40ドルを割り込むとの見方が消えていない。
株式市場は高いレベルにあるものの調整的な売りに上値が抑えられるなかで円が売られている。
この動きは、目先大きなイベントリスクがないことから、これまでの円高の反動とみる。

今日のNY時間にはケースシラー住宅価格指数やリッチモンド連銀製造業指数、そして消費者信頼感指数といった指標が発表される。
普段であればそれほど注目されないものの、イベントが少ないだけにそれぞれ市場は反応しやすい。

今日最も注目されるのはイエレンFRB議長の講演。
最近の経済指標に関して悲観的な発言が出るのではといった見方もある。
しかし、他のメンバーの発言を見ても強気の姿勢を続けると思われる。
今日もドル円クロス円ともに底堅い動きが予想されるが、短期的な動きに終わる可能性もある。
上昇場面では利食い売りを入れていきたい。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長