PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

う~ん、1週間のレンジが110.75~111.79と1円4銭・・・・・。
何をしましょうかね?
跳ねたら111.60アッパーだったら売りから入ってもとは思いますが、なんだか111円割れまであまり待ちたくもなくアジアは小動きと見て111.55-25でコアレンジと見て回転させましょうかね?
月曜日だし、イメージはっきりしていないから無理しませんけど。

今週もよろしくお願いいたします。

本日の詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本    5月企業向けサービス価格指数
14:00  日本    4月景気先行指数
14:00  日本    4月景気一致指数
17:00  ドイツ   6月IFO企業景況感指数
21:30  米国    5月耐久財受注


先週は特に目立った材料がみられない中でポンドを中心とした動きが活発化。
また、原油価格の下落から資源国通貨が上値の重い展開となった。
しかし、週末にかけて原油や株価の下げ止まりも見られるなど、リスク回避の動きは後退。
売られ過ぎた豪ドルやカナダドルといった通貨に対して対円でも買い戻しの動きがみられたがドル円は狭いレンジの小動きが続いている。

今週も先週に引き続き特に大きな材料は見られないものの、市場の注目は各国景気や金融政策の行方に移り始めている。

今週発表される米国経済指標ではケース・シラー住宅価格指数や1-3月期GDP確定値、そしてPCEコア・デフレーターなどがあるが特に週末のPCEコア・デフレーターには注目したい。
FRBは2%物価目標に対して楽観的な見方を示す一方、市場は悲観的な見方が多く、今回の結果次第では米金利上昇への懸念が拡大しドル売りに反応する可能性がある。

しかし、利上げを始めてからのFRBの動きを見ると米国経済指標の悪化は一時的なものとして粛々と利上げペースを維持するとみられる。
先週は複数のFRBメンバーの発言が相次ぎ利上げに前向きな姿勢が示された。
特にブラード・セントルイス連銀総裁は9月にバランスシート縮小の可能性を示すなど、ドルの押し上げ要因となる発言を行った。
しかし、米長期金利は依然として低水準のままでドルの上値も限定的。

一方、先週はカナダやNZランド、そして英国といった国々で緩和政策の転換期待から買いの動きがみられている。
それも対円での買いも入るなどドル円の下支えとなった。

今週は各国経済指標が好調な結果を示し原油価格の下げ止まりなどが確認されるようならクロス円の更なる買いが入る可能性が高まる。
ドルの方向感が見えにくいときはこれらの通貨取引に切り替えた方が効率はよさそうだ。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長