PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

戻り売りですが、利食いを確実に。ショートの溜まり具合に注意。

詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本    1-3月期四半期法人企業統計調査・
          ソフトウェア含む全産業設備投資額
08:50  日本    前週分対外対内証券売買契約等の状況
10:30  オーストラリア  4月小売売上高
10:45  中国    5月Caixin製造業購買担当者景気指数
14:45  スイス   1-3月期四半期国内総生産
15:00  イギリス  5月ネーションワイド住宅価格
16:15  スイス   4月実質小売売上高
16:30  スイス   5月SVME購買部協会景気指数
16:50  フランス  5月製造業購買担当者景気指数
16:55  ドイツ   5月製造業購買担当者景気指数
17:00  ユーロ   5月製造業購買担当者景気指数
17:30  イギリス  5月製造業購買担当者景気指数
20:30  米国    5月チャレンジャー人員削減数
21:15  米国    5月ADP雇用統計
21:30  米国    前週分新規失業保険申請件数
23:00  米国    5月ISM製造業景況指数
23:00  米国    4月建設支出


東京市場はNY市場がドルや株価が軟調な地合いで引けたものの、その反動もありドル円や日経平均は寧ろ底堅い動きで始まった。
しかし、トランプ疑惑などの不安動きが続く中で上値が抑えられた。

欧州市場に入ると米長期金利が低下する中でユーロやポンドが上昇。
ドルは全般に上値の重い展開が続いた。
NY時間に発表されたシカゴ購買部景気指数が55.2と予想の57.0下回ったことでドルが下落。
その後すぐに59.4と訂正されたが戻りは限定的。

その後発表された住宅販売保留指数が-1.3と予想の0.5%を大きく下回るなど冴えない結果となったこともありNY株式市場も小幅下落。
ドル円はこの日の安値となる110円50銭まで下落。

その後ベージュブックの発表などもありドル円は買い戻しがみられたがユーロやポンドはほぼ高値圏で引けている。

本日はADP雇用統計やISM製造業景況指数といった重要指数が発表される。
ADP雇用統計は前月の17.7万人を上回る18万人が予想される。

一方、ISM製造業景況指数は前月の54.8から54.6へ低下が予想される。
すでに2か月連続で低下しており、今回も予想通りであれば米景気への警戒感が高まり利上げペースが鈍化するとの見方が広がる可能性もある。
ドルの上値は依然として重くなるものの、明日の雇用統計を控え買い戻しの動きには注意したい。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長