PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

111.75-85ぐらいでしょうか?売りは引きつけて。
カウンターだったら111.628売ってみるか。
あやとりだから引っ張れませんが、111.604で買い戻し。

ストップは112.15-20でかけるとしたら111.63-65では本来売りはストップが深すぎるので売り目様子見です。
111.50、111.40は日中は買い水準になりましたね。

詳細はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本    5月マネタリーベース
14:00  日本    5月消費者態度指数・一般世帯
17:30  イギリス  5月建設業購買担当者景気指数
18:00  ユーロ   4月卸売物価指数
21:30  カナダ   1-3月期四半期労働生産性指数
21:30  カナダ   4月貿易収支
21:30  米国    4月貿易収支
21:30  米国    5月非農業部門雇用者数変化
21:30  米国    5月失業率
21:30  米国    5月平均時給


昨日の東京市場は久しぶりに日経平均株価が大幅高となりリスクオンの円安の動きが強まった。
欧州市場ではユーロが下落して始まるとドルは全般に底堅い動きとなりドル円は111円台前半を維持。
クロス円の買いもドル円の下支えとなった。

NY市場 に入るとドルは更に大きく上昇。
この日発表された5月ADP雇用統計が25.3万人と予想の18.0万人を大きく上回ったことで本日発表の米雇用統計への期待が高まりドルは全面高。
また、その後発表された5月ISM製造業景況指数も54.9と予想の54.6を上回った。
ここ2か月連続で低下していたことから懸念されていたが3か月ぶりに上昇となるなど株式市場は好感。

NYダウは3か月ぶりに最高値を更新。
3指数ともに大幅高となりリスクオンの円売りが強まるとドル円は111円ミドル付近まで上昇。
また、パウエルFRB理事が「今年の利上げは3回になる」と言及するなど6月利上げを予告とも思われる発言もドルを支えた。
その後は利食い売りに押される場面も見られたが全般に米経済への期待からドル高円安の動きが目立った。

本日発表される米5月雇用統計では非農業部門雇用者数変化が18.0万人と予想されるが、それ以上の増加が見込まれる。
ただ、最近の市場は雇用者数よりも平均時給などに注目が集まる。
今回は平均時給が0.2%と前月の0.3%を下回るものの完全雇用との見方が根強く、予想を下回ったとしても大きな影響はないとみる。

これまでドルへの不安感の燻りからドル買いの動きが遅れ、雇用統計の結果が予想を上回るようならドルは大きく反発するきっかけになるとみる。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長