PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

対ドルでも他通貨買い・ドル売りは鮮明で昨日はクロス円がドル円を上に引っ張り上げたが、今日はクロス円の売りがドル円の上値を抑えるケースがありそう。
112.75-80戻り売りから。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

07:45  ニュージーランド  1-3月期四半期卸売物価指数
08:50  日本    3月機械受注
13:30  日本    3月鉱工業生産・確報値
17:30  イギリス  4月失業保険申請件数
17:30  イギリス  4月失業率
18:00  ユーロ   3月建設支出
18:00  ユーロ   4月消費者物価指数
20:00  米国    MBA住宅ローン申請指数
20:00  南アフリカ  3月小売売上高
21:30  カナダ   3月製造業出荷


東京市場でワシントンポストが「トランプ大統領がロシア外相にIAの機密を漏洩した」と報道したことでドルの上値が抑えられた。
マクマスター大統領補佐官はこの報道を否定したものの市場の不安感はじりじりと拡大。
ドル円は113円前半まで下落した。

欧州市場ではユーロが堅調な地合いでスタート。
ユーロ円の買いも入りドル円は113円後半に上昇。
NY時間に発表された米4月住宅着工件数が-2.6%と予想の3.7%を下回った。
また、同時に発表された建設許可件数も-2.5%と予想の0.2%を下回りドルは下落。
その後発表された鉱工業生産が1.0%と予想の0.4%を上回りドル買いが見られたものの、上昇は限定的となった。

トランプ大統領の漏洩問題によりNY株式市場が下落して始まるとドル円の纏まった売りが入り113円を割り込んだ。
その後は株価が持ち直したことから円の売り戻しが入り113円台に押し戻されたものの上値の重い展開が続いた。
株式市場や債券市場は比較的落ち着いた動きとなったものの、為替市場ではトランプリスクの高まりからドルは全面安となった。

先日のFBI長官解任に引き続き今回の漏洩問題でトランプ政策に影響を与えるとの見方が広がっている。
長期金利を見るとそれ程低下していないことからドル安の動きはそろそろ終了するとみるが、リスク回避の円買いの動きが強まるかが焦点になりそうだ。
ユーロ円がクロス円の下落にブレーキをかけている状況がどこまで続くか注目したい。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 10:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長