PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

今朝の高値は113.291ビッドまで。
ただし113.15すら割れず112.95-05も固そうに見えることから112.85-80にストップを置きながら押し目買いスタンスで参入するイメージ。

113.40-50は一回はしっかり利食いイメージで良いのではないかと考えます。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:01  イギリス  4月英小売連合(BRC)小売売上高調査
09:00  日本    3月毎月勤労統計調査-現金給与総額
10:30  オーストラリア  3月小売売上高
14:45  スイス   4月失業率
15:00  ドイツ   3月鉱工業生産
15:00  ドイツ   3月貿易収支
15:00  ドイツ   3月経常収支
15:45  フランス  3月財政収支
21:30  カナダ   3月住宅建設許可件数
23:00  米国    3月卸売在庫


週明けシドニー市場でフランス大統領選挙の結果がマクロン氏圧勝という結果が明らかとなりユーロやドル円が上昇して始まった。
ドル円は113円台、そしてユーロドルも1.10ドル台に乗せて始まったもののすでに先週末にかけてマクロン氏優勢という世論調査が広がり大分織り込んでいた模様。

また、選挙では白票が多く見られたことから、当選後の国民議会の掌握など求心力に懐疑的な見方もあり利食い売りが強まった。
ドル円も利食い売りなども巻き込みながら米長期金利の低下などから欧州市場で112円40銭付近まで押し戻された。

しかし、NY時間にメスター米クリーブランド連銀総裁が利上げに前向きな発言を行ったことなどから米長期金利が上昇。
ドルは全面高となりドル円も113円台に再び浮上。
軟調な地合いが続いた原油価格も46ドル台で底堅い動きとなりNY株式市場も三指数ともに落ち着いた動きとなるなどドル円はほぼ高値圏で引けてきた。

フランス大統領選挙の結果はほぼ織り込まれていたものの、大きなイベントリスクが後退。
北朝鮮も一先ず武力衝突から話し合いへと道筋が見え始めている。
更に、トランプ政権も歳出法案が上下院で可決。
オバマケア代替案も下院で可決されるなど政策への期待もここにきて回復。
これら三つのリスクが後退したことでリスク回避の円買いの反動は暫く継続するとみてよいだろう。
織り込み済みとなったユーロもそろそろ調整が一巡し再び買いの動きが見られそうだ。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長