PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

この112.00手前、または112.00を抜けて112.20を越えなければ今のロングの人たちの一斉利食いが入りそうな雰囲気です。

さて、買い目で見つつ今の値動きでは111.70割れはfar away! 111.85-80すら仲値前では厳しいのかもしれないですね。
連休の谷間、捕まりたくはないので早回しで買い回転してみようかと思っています。
微益でも利益。コツコツドカンにならないように、切りも早く! 頑張りましょう!それでは。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

*     米国    米連邦公開市場委員会(FOMC)
08:50  日本    日銀・金融政策決定会合議事要旨
08:50  日本    4月マネタリーベース
09:20  日本    黒田東彦日銀総裁、発言
10:45  中国    4月Caixin製造業購買担当者景気指数
13:30  オーストラリア  豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
16:30  スイス   4月SVME購買部協会景気指数
16:50  フランス  4月製造業購買担当者景気指数
16:55  ドイツ   4月製造業購買担当者景気指数
17:00  ユーロ   4月製造業購買担当者景気指数
17:30  イギリス  4月製造業購買担当者景気指数
18:00  ユーロ   3月失業率


週明け東京市場でドル円は下落して始まった。
先週末に北朝鮮がミサイルを発射したことで地政学的リスクが高まるとの見方が円買いを促した。
しかし、市場全般には北朝鮮問題は最悪な状態を脱したとの見方が根強く見られ、111円16銭まで下落したドル円は先週末のNY終値111円40銭付近に押し戻された。

その後米議会が9月30日までの総額1.1兆ドルの歳出法案で暫定合意に達したとの報道でドル円は上昇。
その後もショートカバーを巻き込みながら111円92銭まで買われた。
ただ、中国や欧州が休場といった薄商いの中で通常よりも値幅は大きくなりやすい状況で調整売りも散見。

NY時間に発表されたPCEデフレータ─や個人所得が予想を下回ったことでドルは下落。
また、その後発表された4月ISM製造業景況指数も54.8と予想の56.5を下回ったことでドルは全面安となった。
しかし、その後ドルは反発に転じた。ムニューチン米財務長官が「超長期債は米国にとって完全に合理的となり得る」と発言したことで長期金利が上昇。

また、この日アトランタ連銀が発表した4-6月期GDPナウが4.3%と、先日発表された1-3月期GDPの0.7%からV字回復するとの見方からドル高円安の動きが進んだ。

結果的に、米経済指標は予想を下回ったもののドルが上昇するなど今の市場のセンチメントが楽観的な見方に傾いていることを示すものと考えられる。
今日から始まるFOMCでは6月利上げの可能性が示されるとドル上昇に繋がるとの見方も多い。

ただ、メーデーのために市場の流動性が低く過度にドル買いが進んだ可能性が高い。
メーデー明けの本日の市場では昨日上昇したドル円などの調整の動きが入りやすい。
ただ、北朝鮮問題が最悪期を脱したとの見方もあり、市場には安心感が広がる。
調整が一巡したところで再び円安ドル高の流れが強まるとみる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長