PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

本日何もないことを祈りたいですし、北朝鮮が軍事行動を起こさなければ米軍が先制攻撃する可能性はないため多少はドル円が午後に買い戻されるかもしれませんが、基本は上値が重たいとイメージします。
109.90-110.05レベルで売り先行で。
110.35でストップを置きながら、109.50割れ、109.45-30で買い戻しイメージで見ています。


今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本    3月企業向けサービス価格指数
15:45  フランス  4月企業景況感指数
22:00  米国    2月住宅価格指数
22:00  米国    2月ケース・シラー米住宅価格指数
23:00  米国    3月新築住宅販売件数
23:00  米国    4月消費者信頼感指数
23:00  米国    4月リッチモンド連銀製造業指数


週明シドニー市場では注目のフランス大統領選挙の結果を受けユーロドルとドル円が大幅上昇して始まった。
フランス大統領選の結果は親EU派のマクロン氏がトップで、反EU派のルペン氏が2位となった。

市場では反EUのルペン氏とメランション氏が選出されるとEU離脱という事が決定してしまう事から警戒感が広がっていた。
結果的に、最悪の状況が回避されたことを市場は好感。
リスク回避の動きが後退し日経株価は大幅上昇。ドル円やクロス円が全面高となった。

欧州市場では殆ど動きは見られなかったものの各国株式市場は軒並み上昇。
NY市場でも安心感が広がり株式市場は三指数ともに大幅高となるなど、世界同時株高となった。
また、米長期金利も大幅上昇となりドル高円安の動きが強まった。

しかし、これでリスクがなくなったわけではない。
本日は北朝鮮の朝鮮人民軍創設85周年となり、何らかの動きがあるのではといった緊張感が広がる。
もし、警戒レベルが高まれば安全通貨の円や米国債が買われることになる。
反対に、何も起きずに通過できれば更なる円安ドル高が強まることになる。

また、明日はトランプ大統領が税制改革について改めて表明する。
北朝鮮やフランス大統領選といったリスクが後退する中で、市場の楽観的な雰囲気のなかだけに期待が高まりそうだ。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長