PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

20日まで売買方針はだいまんさんにお願いしております。
詳細は下記マーケットナビにてご確認ください。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

10:30  オーストラリア  豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
21:30  カナダ   2月対カナダ証券投資額
21:30  米国    3月住宅着工件数
21:30  米国    3月建設許可件数
22:15  米国    3月鉱工業生産
22:15  米国    3月設備稼働率


週明け東京市場は先週末の流れを継いでドル円は上値の重い展開で始まった。
先週末に発表された米CPIが予想を下回ったことを受けたものだが、市場はイースター休暇で参加者は少ない。
週明け月曜日も豪州や香港が休場となる中で一方向に行きやすい状況下ドル円は108円13銭まで下落。
ドル安円高の動きが強まった。

欧州市場に入るとロンドンやユーロ圏などが休場という事もあり動意の乏しい動きとなった。
一方、NY市場はイースター休暇明けとなり大きな動きで始まった。
連休中に最も懸念された北朝鮮との軍事衝突が回避されたことを好感。
NY株式市場は三指数ともに上昇。
資金が債券市場から株式市場に流れ込んだことで長期金利が上昇しドル高円安の動きが強まりドル円は109円台に上昇。
また、引けにかけてムニューチン米財務長官が「ドルは長期的に良い」と発言したこともドル高を促した。

今日の東京市場はこの流れを継いで株高円安の動きが強まると予想される。
しかし、北朝鮮問題が解決されたわけではなく、依然として地政学的リスクは燻ぶる。

このような地政学的リスクによる緊張感は基本的に長期化するものではない。
その反動が今回の相場に現れていると思われる。

今後北朝鮮との緊張が高まるようならリスクオフの動きからの円高が強まりかねない。
今日から東京とNY市場以外の市場がイースター休暇明けとなる。
昨日のNY市場の流れを継いで全般にリスクオンの動きで始まる可能性が高い。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長