PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

金曜日の安値111.25以下110円台後半にかけてはビッドが、111.60-80ゾーンのオファーと睨み合いですかね?

決め打ちせずどちらかにポジションが傾いたと思えたらゆっくり参入してみましょうか。

収益も月初で当然ゼロだから無理せずスタートしたいと思っています。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本    1-3月期日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
08:50  日本    1-3月期日銀短観・四半期大企業製造業先行き
08:50  日本    1-3月期日銀短観・四半期大企業全産業設備投資
10:30  オーストラリア  2月小売売上高
10:30  オーストラリア  2月住宅建設許可件数
10:45  中国    3月Caixin製造業購買担当者景気指数
16:15  スイス   2月実質小売売上高
16:30  スイス   3月SVME購買部協会景気指数
16:50  フランス  3月製造業購買担当者景気指数
16:55  ドイツ   3月製造業購買担当者景気指数
17:00  ユーロ   3月製造業購買担当者景気指数
17:30  イギリス  3月製造業購買担当者景気指数
18:00  ユーロ   2月卸売物価指数
18:00  ユーロ   2月失業率
23:00  米国    3月ISM製造業景況指数
23:00  米国    2月建設支出


先週の東京市場は期末という事もあり仲値に向けて纏まった買いが見られドル円は112円台に乗せ日経平均株価も上昇して始まった。
しかし、後場に入ると一転。
機関投資家などによる期末のポジション調整などから株式市場が下落に転じるとドル円も111円台後半にお押し戻された。
欧州市場でドル円は再び112円を付ける場面も見られたが週末月末、そして期末という事もあり売りが並んだ。

NY市場ではブラードセントルイス連銀総裁が「小幅な利上げは問題ないが大規模な引き締めは不要」と発言。
また、その後すぐにカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が「利上げを急ぐ必要はない」等ハト派的な発言が続いたことでドル売りが強まった。

また、フィキシングにかけてドル売りが入るなど、期末特有の要因などもありポジション調整と思われる動きが各市場で見られた。
結果的にドル円はドル安円高の動きが重なり高値から約1円下の111円前半に押し戻されて引けてきた。

今週は日本では新年度入りという事から、機関投資家などの新規投資が再開する可能性もある。
今週は日銀短観やFOMC議事要旨の公開、そしてFRB幹部の講演が相次ぐ。
政治リスクによる市場の不安は一先ず一巡した観もあり市場の注目は金融政策に再び戻り始めている。

日銀短観では企業の想定為替レートが現行の水準よりも高く設定されているとの見方もあり、ドル売り材料として一時的にドル売りが強まる可能性がある。
FOMC議事要旨では年内2回の利上げは既に織り込んでおり、それ以上の利上げペースを加速する必要性が示されるか注目。
また、バランスシートの縮小時期などが示されるようならドル買い方向に反応。

週末には米3月雇用統計が発表される。
前月は予想を大きく上回る好調な結果が示されたにもかかわらずドル売りが進んだ。
政治リスクなどが上値を抑えた格好だが、政治リスクは前回と違い一服感も漂う中で素直な反応になるとみている。
ただ、前月の反動で予想17.5万人を下回る雇用者数となればドル売りに反応。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長