PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

売りから入りたい気持ちはありますが売り指値は111.40-50ぐらいで111.60で浅目にストップですかね?
110.95-85で早目の買い戻しイメージです。

どちらにしても引っ張らずにサクサク利食い出来るものは確実に利食いしていく方針。
出来たら市場の短期投機ポジションが傾くまでお休みするのもいいかなと思っています。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

*     南アフリカ  南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
08:50  日本    前週分対外対内証券売買契約等の状況
15:00  南アフリカ  2月マネーサプライM3
16:00  スイス   3月KOF景気先行指数
18:00  ユーロ   3月消費者信頼感
18:30  南アフリカ  2月卸売物価指数
21:00  ドイツ   3月消費者物価指数
21:30  カナダ   2月鉱工業製品価格
21:30  カナダ   2月原料価格指数
21:30  米国    10-12月期四半期実質国内総生産
21:30  米国    前週分新規失業保険申請件数


ついに英国がEUからの離脱を通知。昨年6月のブレグジットから9か月経過、既に市場は織り込み済みという事で大きな混乱は見られなかった。

東京市場ではトランプ政権への不透明感によるドル安もほぼ一巡しドル円は111円を挟んでの小動きで終始。
日経平均株価は円高一服で小幅上昇するなど徐々に落ち着きを取り戻してきた。
欧州市場では英国のEU離脱通告をEU側が受け取ったことで、今後2年間の交渉が始まる。
既に市場は織り込み済みではあったが、今後の交渉はかなり難航するとみられ予断を許さない状況は続く。

ただ、トランプ政治への不信感や今回の英国政府の離脱も含め政治リスクは一先ず山場を越えたとみられる。
次の山場はいずれ来るが、それまでは政治相場から金融相場へと市場の注目は移り始めているように見える。

昨日のNY市場では原油価格が上昇。
週間在庫統計では予想をやや上回ったもののガソリン在庫が大幅減という事から原油価格は上昇幅を拡大。
NY株式市場もNYダウが下落したもののナスダックやS&Pは上昇するなど、大きな混乱は見られなかった。
トランプ政策への懸念も一先ず収まり始めているとみる。

一方、米長期金利は前日から再び低下。ドル円も一時110円後半に押し戻される場面も見られた。
その後ローゼングレン・ボストン連銀総裁(投票権あり)が「今年4回の利上げはFOMC参加者のいう緩やかな金利正常化の軌道と整合」と発言。
ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁も「今年3回を超える利上げはあり得る」と発言したことでドルの下支えとなった。

また、この日発表された米中古住宅販売成約が5.5%上昇と2010年7月以来の増加となるなど、住宅市場の強さを示すものとなった。
政治リスクへの懸念は今後も燻ぶるものの、堅調な米経済への期待が再び強まる中でドルは底堅い動きが予想される。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長