PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

114.93って自分から見ると、買うにも売るにもあまり興味が湧いては来ないレベルです。
114.80割れたら打診買いでもしてみようかと思いながら、事務やろうと思います。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

*    米国    米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
09:30  オーストラリア  2月NAB企業景況感指数
11:00  中国    2月小売売上高
11:00  中国    2月鉱工業生産
16:00  ドイツ   2月消費者物価指数
19:00  ユーロ   1月鉱工業生産
19:00  ドイツ   3月ZEW景況感調査
19:00  ユーロ   3月ZEW景況感調査
21:30  米国    2月卸売物価指数


週明け東京市場では先週末のNY市場の流れを継いでドル円は上値の重い展開で始まった。
先週末に発表された米雇用統計は概ね好調な結果となったものの、東京市場でドル円が115円台に乗せるなどドル買いポジションが積みあがった反動で発表後下落。
そのロングがまだ残っていたものと思われ、ドル円は114円ミドルまで下落した。

欧州市場が始まるとポンド買いが強まると同時にユーロが下落。
明日のオランダ選挙を控えユーロポンドのポジション調整の売りが入ったとみられる。
NY市場では明日のFOMCでの利上げ期待は根強く、米長期金利が上昇。
それに伴いドルは全般に買いが入りドル円は114円後半に上昇。
ユーロも上値の重い展開で終了。

市場は明日がFOMCやオランダ総選挙、米国債務上限期限が来ることなどから様子見気分が広がった。
今日も特に注目される指標発表などはなく、動意の乏しい動きになりそうだ。

市場全体は米国金利上昇ペースが高まるとの見方に対して、政治リスクがドル買いにブレーキをかけている。
イベントリスクなどが終了すれば再びドル買い円売りの動きにもどるとみている。
このような時は流動性が低下することから、短期筋の仕掛けが入りやすく一時的に振られやすい状況もあり注意したい。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長