PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

113.85以下買い場探しで充分に引きつけて押し目買いしたいとイメージします。
ロングの利食いは114.25-35ゾーンで。
(またはその手前で)ストップは113.50割れでイメージします。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本   前週分対外対内証券売買契約等の状況
09:30  オーストラリア 1月新規雇用者数
09:30  オーストラリア 1月失業率
21:30  ユーロ   欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30  米国   前週分新規失業保険申請件数
22:30  米国   1月住宅着工件数
22:30  米国   1月建設許可件数
22:30  米国   2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数


東京市場では前日のイエレン議長の議会証言で利上げに前向きな姿勢を示したことによりドル円は底堅い動きで推移。
その動きは欧州市場でも続くなかユーロやポンドに対してもドルは堅調に推移。

NY時間に発表された米1月CPIや小売売上高、そしてNY連銀製造業景気指数が軒並み予想を上回る好調な結果を示したことでドルは全面高。
ドル円はこの日の高値となる114円95銭まで上昇。ユーロやポンドも対ドルでこの日の安値を更新。

NY株式市場も三指数ともに史上最高値を更新するなど米経済に対する期待の高まりをそのまま反映。
また、トランプ大統領もこの日は小売業経営者との会談で「近い将来大型減税を実施する」と言及するなど、市場の期待感が高まった。

しかし、ドルは大幅上昇が続いたことから高値警戒感が広がり利食い売りなども散見。
ドル円は113円後半まで下落するなど荒っぽい動きが目立った。
この日イエレン議長は下院での議会証言でトランプ政策への懸念を示す場面も見られるなど、不安感も市場には残る。

しかし、トランプ政策への不安は燻ぶるものの今の堅調な米国経済は確実なものであり、市場のリスクオンの動きは継続するとみられる。
荒っぽい動きの中でドルは金利の上昇とともに底堅い動きは今日も継続するとみる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資
 家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長