PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

今日は113.50は重たそうで引きつけて113.30-35から上を戻り売りで参入する方針。
ストップは113.75ぐらいに置きながら、112.75-65で買い戻す回転をイメージ。

昨日の112.64-113.95レンジから上値部分を削って112.65-113.50でイメージしたい。
今日はちょっと慎重に。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本   1月マネタリーベース
08:50  日本   前週分対外対内証券売買契約等の状況
09:30  オーストラリア  12月貿易収支
09:30  オーストラリア  12月住宅建設許可件数
14:00  日本   1月消費者態度指数・一般世帯
17:15  スイス  12月実質小売売上高
18:00  ユーロ  欧州中央銀行(ECB)月報
18:30  イギリス  1月建設業購買担当者景気指数
19:00  ユーロ  12月卸売物価指数
21:00  イギリス  イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
21:00  イギリス  英中銀資産買取プログラム規模
21:00  イギリス  英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:00  イギリス  英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告
21:30  米国   1月チャレンジャー人員削減数
21:30  イギリス  カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
22:30  米国   10-12月期四半期非農業部門労働生産性・速報値
22:30  米国   前週分新規失業保険申請件数


注目のFOMC会合で政策金利は予想通り据え置くことを決定。
しかし、次回利上げを示唆する文言は見られず発表後ドルは下落した。

東京市場では前日に日本を名指ししたトランプ大統領の円安誘導発言でドル円が112円付近まで下落。
その反動からドル円は底堅い動きとなり株式市場も堅調に推移。
トランプ発言があった割には市場に楽観的なムードが漂った。

欧州市場では欧州全般の長期金利の上昇傾向が強まる中でユーロやポンドが上昇。
前日にナバロ氏のユーロ安誘導発言などもありユーロの買い戻しが強まった。

NY時間に発表された1月ADP雇用統計は24.6万人と予想の16.8万人を大きく上回ったことでドルは全面高。
その後発表された1月ISM製造業PMIも56.0と予想の55.0を上回り、ドル円はこの日の高値となる113円94銭を付けた。
その後はFOMCを控えポジション調整の売りが入り113円前半まで押し戻された。

FOMC会合では政策金利は予想通り据え置きを決定。
声明文でも前回の景気認識をほぼ踏襲した格好となった。
市場の一部では次回の利上げ時期を示唆するのではといった見方もあったことから長期金利の上昇幅が縮小。
ドルの失望売りが強まった。

ドル円は一時113円を割り込んだものの、引けにかけて押し戻された。
FOMC後にNY株式市場は3指数ともに上昇するなどリスクオンの動きが強まる中で円売りがドル円の下支えとなっている。

今週最後のビッグイベントとなる米雇用統計に今後は市場の注目が集まる。
昨日発表されたADP雇用統計が予想を大きく上回ったことから雇用者数に期待が高まる。
日米金融政策会合といったビッグイベントリスクが次々と終わることで円安の流れが更に強まりそうだ。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長