PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

売りは引きつけて114.40-114.25は今日はよほどロングが高値で捕まらなければ、下がりにくいと考えて週末だし、13日金曜日でお日柄もよくはなく(先負、仏滅は明日!)売りは焦らずに。
買いは114.60以下、出来れば114.50近辺まで待って、プライスアクション、見ながら考えたいと思います。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

*     中国  12月貿易収支
08:50  日本  12月マネーストックM2
08:50  日本  前週分対外対内証券売買契約等の状況
09:00  米国  イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
16:00  ドイツ  12月卸売物価指数
22:30  米国  12月小売売上高
22:30  米国  12月卸売物価指数
24:00  米国  11月企業在庫
24:00  米国  1月ミシガン大学消費者態度指数・速報値


トランプ氏の会見では具体的な政策が示されず、中国や日本への貿易不均衡などを非難するなど保護主義的な発言に対し市場は失望。
ドルや株式市場でポジション調整の動きが強まっている。

昨日の東京市場ではトランプ発言を受け軟調なスタートとなりドル円は114円台ミドルまで押し戻された。
欧州市場にかけてもドル売りの動きは止まらず前日の安値114円25銭を下回り113円75銭まで下落。

NY市場で一旦は買い戻しが入り114円ミドルに上昇したが、NY株式市場が軟調な地合いで始まったことや米長期金利の低下により再び113円台に突入。
その後引けにかけて長期金利の下げ幅が縮小したことからドルの買い戻しが入った。

市場はトランプ政権への期待はまだ強い。
その具体的な政策が打ち出される来週の就任後の一般教書が出るまでは警戒感からの調整売りが続くだろう。

最終的に具体策が示され、金利が上昇に向かった時がドル高再開のときになる。
それまでは不安定な相場展開が継続。上下どちらにも振れやすいことから一方向に偏らず、短期のデイトレに徹したい。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 10:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長