PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

116円台の押しがあったら買い参入で。

追いかけて上値を買い上げるイメージではないので、押し目があったら買い参入する方向で。
利食いは117.50-75で利食い千人力です。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

09:30  オーストラリア  11月住宅建設許可件数
16:00  ドイツ  11月鉱工業生産
16:00  ドイツ  11月貿易収支
16:00  ドイツ  11月経常収支
17:15  スイス  11月実質小売売上高
19:00  ユーロ  11月失業率
24:00  米国  12月米労働市場情勢指数
29:00  米国  11月消費者信用残高


先週末に発表された米12月非農業部門雇用者数変化は雇用者数が予想を下回ったことで発表直後はドルが下落したもののその後は上昇に転じた。

12月非農業部門雇用者数変化は15.6万人と予想の17.5万人を下回ったものの、前月11月が17.8万人から20.4万人に上方修正された。

また、12月は悪天候による影響もあり総合的にみると予想を上回るものとなった。
また、平均時給が0.4%と6年半ぶりの伸びとなったことを好感。
結果的にドルは全面高となった。

また、株式市場も雇用統計の結果を好感し3指数ともに上昇したことでリスクオンの円安が強まった。
結局前日に115円付近まで下落したドル円は終値ベースで117円台に押し戻されて終了。
年初の1週間でドルの底固めを終えたと言えそうだ。

今週はその流れを継いでドルは堅調な地合いが続くと予想されるが、一時的な下振れリスクには注意したい。
今週は米国国債の入札や企業決算発表が本格化する。
先週は債券利回りが低下したことでドル売りが強まった。
一気に金利が上昇した調整とみられるが、その動きが一巡したか確認する必要がありそうだ。
また、NYダウは2万ドルを直前に利益確定の売りが目立つ中で、決算結果から上値を抜けていくか注目。

また、今週は中国の重要な経済指標や人民元の動向に注目が集まる。
先週の人民元はオーバーナイト金利上昇でドル安を招く場面も見られた。
週末にはドルに対して0.9%引き下げるなど、中国の動向にも注意したい。
1年前のチャイナショックの記憶が残る中で、一時的な円高に振れやすい状況が続く。

しかし、全般的にみると米国経済の強さが確認される中で米長期金利の上昇は継続し、それに伴いドルも底堅い動きが継続するとみる。
また、株式や原油相場も堅調な地合いが続く中でリスク選好による円安も継続。
一時的な下振れリスクはあるものの、押し目買いスタンスで臨みたい。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長