PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

お正月明けの仲値決済で今日あたりから買いが出てきてもおかしくはない状態なので、売りは出来れば仲値近辺まで引きつけたいと思います。

115.00手前での防戦買い派強いので、ショートは115.15-10以下、利食い千人力ですが、新規の買いはストップを115.02ぐらいに置くならいいですが、115.00とか114.98では吹っ飛ぶケースがあるため危険。

114.80割れは急落のスタートになる恐れがあるので、値動きを見てから。
指値買いは一切考えていません。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

08:50  日本  前週分対外対内証券売買契約等の状況
08:50  日本  前々週分対外対内証券売買契約等の状況
09:00  日本  11月毎月勤労統計調査-現金給与総額
09:30  オーストラリア  11月貿易収支
16:00  ドイツ  11月製造業新規受注
16:00  ドイツ  11月小売売上高指数
16:45  フランス  11月貿易収支
16:45  フランス  11月経常収支
19:00  ユーロ  12月消費者信頼感
19:00  ユーロ  11月小売売上高
22:30  米国  12月非農業部門雇用者数変化
22:30  米国  12月失業率
22:30  カナダ  11月貿易収支
22:30  カナダ  12月失業率
22:30  カナダ  12月新規雇用者数
22:30  米国  11月貿易収支
24:00  米国  11月製造業新規受注


東京市場でドルが大きく下落して始まると欧米市場でも雪崩現象のようにドル売りが強まった。
これまでのトランプラリーへの調整の動きになるか今日の雇用統計に注目が集まる。

東京市場ではドルが人民元で大きく下落したこともあり、ドル売り先行で始まった。
ドル円は昨年末の終値である117円付近を下回ると損切りを巻き込みながら116円前半まで下落。
欧州勢は一先ずドル買いでスタートしドル円も116円後半に押し戻された。

しかし、NY市場でドル売りが再開。
この日発表された12月ADP雇用統計が予想を下回ったことを機に再びドル売りが強まりドル円は115円前半まで下落。
ユーロドルも1.06ドル台に上昇するなどドル全面安となった。

人民元高やADP雇用統計などは特に大きな材料ではないものの、それでも市場がここまで反応するというのはドル売り圧力がそれだけ大きいという事だ。
今日の米国雇用統計次第ではトランプラリーで上昇した調整が本格的に動き出す可能性もあり注目。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長