PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

今日は売られ過ぎのユーロドルがじわじわと戻してくれば(1.0650越え方向)ドル円は113円台後半に下がってくる感じでしょうか?
朝方から無理せず、まずは流れが出るまで待機。

昨晩はインターバンク市場でも相当血が流れたことでしょう。
週末だし、クリスマス近いからあまり海外も今日は無理して来ない可能性もあるのでゆっくりスタート。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

注目されたECB理事会の結果を市場は好感し、発表後ユーロは急落しドル全面高となった。

東京市場では日経平均株価が前日のNY市場の大幅上昇を受け大きく上昇。
一方、ドル円はこの日の欧州時間に開かれるECB理事会を控え円ショートの巻き戻しが強まりドル円は113円14銭まで押し戻された。
その後もドルは全般に上値の重い展開が続く中でECB理事会の結果が発表された。

ECBは来年3月に期限の来るQEを12月まで延長すると同時に買入れ規模を800億ユーロから600億ユーロに縮小することを決定。
市場は最初ユーロ買いで反応したものの、すぐに売りに転じた。

市場は規模を縮小したもののQE延長によりトータルで緩和政策を継続。
また、今回の会合ではテーパリングは議論されていないと同時に、全てのメンバーが支持しなかった。
また、来年予定されているEU各国の選挙などの経済への影響を考慮し緩和政策継続を言及したことで欧米市場の株価は上昇。

NY株式市場は上昇し米長期金利も再び2.4%台に乗せてきた。
結果的にドル高株高というトランプラリーは継続。ドル円も114円台に押し戻されている。
ECBという注目イベントが終了したことで、再び市場の注目はドルへと視点が移り始めるとみる。

今日は週末ではあるものの、既にポジション調整が入ったことでドルの底堅い動きは継続するだろう。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長