PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

106.80-85を買い上がるのも怖く106.60台前半から打診買いでしょうか?
早回しに徹する。指値はしても金額は少なく。
107円台の実需のドル売りはそう簡単には引かないイメージ。
107.50を突破されたら、また次の展開に向けて考え直すこととします。

まずは売りから入らないように押し目を待ちます。
106.630買い、106.20ストップ、107.15-25ゾーン利食いイメージで。

今朝の一押し戦略はマーケットナビでご確認ください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

トランプ氏の大統領当選で政策に対する変化への期待から為替や株式、そして債券市場も変化が表れ始めている。
まさかのトランプ大統領誕生で今後米国政策がどう変わるのかは予想しにくいものの、国内外のあらゆる面で変化が起きる兆しが見えてきた。

ドル円は東京市場で一旦は下押し圧力が増したものの欧米市場で106円台後半に上昇。
米国債券市場も債券が売られ長期金利は1月以来の2.1%台に乗せてきた。
また、NY株式市場もNYダウが大幅上昇になったのに対してナスダックが下落するなど、まちまちの動きとなった。
従業員の6割を占める移民を抱えるハイテク企業にとっては逆風となるとの見方もある。
今後のトランプ氏の政策が予想しにくいものの、相場は全般に期待感が上回っている。

金融市場ではインフレが強まるとの見方から利上げへの期待が高まる。
為替市場でもユーロポンドの売り戻しなど、これまでの相場の流れに変化がみられる。
トランプ氏の政策が明らかになるのはまだ先となるが、変化への期待から相場はユーフォリアが続くとみる。
この動きが一時的なものなのかは別にして、当面は今の流れに乗っていく。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長