PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

今日やるとしたら戻り売りなんだけど・・・・
元々ポンドが大荒れになって市場参加者が基本様子見スタンスでプライスすかすかだと思うから、指値する気に全くなれない。

様子見です。

本日もよろしくお願い申し上げます。

詳しくは取引画面にログインしマーケットナビでチェックしてください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

よろしくお願いします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

ISMなど米国経済への期待の高まりからドル買いの勢いに昨日に引き続き、衰えが見られず上昇。
今日の雇用統計を控え調整売りが出るかと思われたが寧ろ買い遅れ感が目立つ動きとなった。

昨日のNY時間に発表された新規失業保険申請件数は24.9万件と予想の25.6万件を下回るなど73年以来の低水準となった。
ラッカーリッチモンド連銀総裁は「10万人超の雇用の伸びは早期利上げの論拠となる」と発言するなど、もし雇用者数の予想が下回ったとしても10万人を下回らない限り米利上げの可能性は変わらないという事になる。

原油価格も6月10日以来の高値となる1バレル50ドル台に上昇。
大型ハリケーンマシューが石油施設の集中するメキシコ湾に接近しており、操業が停止する可能性が高まった為だ。
結果的にリスクオンによる円安が同時に進行しドル円はNY時間に104円15銭まで上昇。

また、昨日のECB議事要旨では大半のメンバーが金現行の金融策維持が重要との見方を示していたことが明らかとなった。
量的緩和規模の縮小が検討されているとの見方から買われていたユーロも、この議事要旨の内容を受け下落に転じるなど、ドル買いの動きを更に促した。

今日の米雇用統計を控えドル高調整の売りが出るかと思われたが、その気配は見られない。
それだけ利上げ期待のドル買いが市場に織り込まれていなかったという事になる。
もし雇用統計が予想を下回ったとしても押し目買いのチャンスとみて買いを入れておきたい。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長