PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

今日はイベントリスクを避ける意味で朝も、夕方も指値は一切置きません。
ポジションも10時半には手仕舞いする予定。
日銀、マイナス金利-0.2%以外に何を出してくるんでしょう?
ルーズベルトはニューディール、私はノーディール政策!

詳しくは取引画面にログインしマーケットナビでチェックしてください。
http://hirose-fx.co.jp/rd.php?aid=a56a5a75c179e6

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

いよいよ本日は日銀会合の発表があり市場の注目が集まるものの、その後のFOMCを意識した動きになりそうだ。
今日の日銀会合では市場関係者の約半数が利下げを予想しているが、可能性は低いとみている。

総括的な検証をすることでマイナス金利の深堀りや債券利回りのスティープ化をアピールしてくることは間違いない。
それにより今回実施しないとしても次の会合に緩和余地を残すことで市場のコンセンサスを得ようとするのではないか。

もし、今回マイナス金利を0.1%深堀りしたとしても市場は予想内として円売りには反応しにくい。
やるとすれば0.2%の深堀りが必要だ。
そうなれば、今後の緩和余地が限定されてしまう事から発表後円安に反応しても継続は難しくなる。

また、FOMCが次の日の未明に発表されることから、その結果を見てから動きたいという事もあるだろう。
もし、今回据え置きを決定したとしても、市場はFOMCを控えるだけに大きく動くことはないだろう。

そのFOMCの利上げはまず据え置きされるとみられる。
ここで利上げを実施するという事は市場にとってサプライズとなり混乱を引き起こしかねない。
今回の日銀会合もFOMCも次に期待を残しながらの据え置き決定になるとみる。
注目はFOMCのFF金利の見通しだが、前回よりもより緩やかなものになるとすればドルの上値は抑えられることになりそうだ。

いずれにしても、今回の日米金融政策の発表では相場の大きな混乱には繋がらず、これまでのレンジ相場での動きが継続されるとみている。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長