PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

102.15、102.25で売り先行。ストップは102.38で。
利食いは101.80手前で行いたいとイメージします。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

昨日発表された米国経済指標の多くが予想を下回ったことで米9月利上げ観測が急速に後退。
目先ドルは上値の重い展開が予想される。

昨日のNY時間に発表された米国8月小売売上高は-0.3%と予想の-0.1%を下回った。
マイナスは5が月ぶりのことで個人消費の陰りが出てきたことが懸念された。
また、同時に発表された鉱工業生産も-0.4%と予想の-0.2%を下回った。
一方、新規失業保険申請件数やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想以上の好結果となった。

総合的にみると米景気減速懸念が上回るものとなった。
今週のブレイナードFRB理事が利上げに慎重な姿勢を示したこともあり来週のFOMC会合での利上げは難しいとの見方が広がりドルは全面安となった。
ドル円は発表後102円を割り込み101円90銭まで下落後すぐに上昇に転じた。

新規失業保険申請件数が減少したことや米長期金利が上昇したことを好感。
ドルは一転して全面高となりドル円はこの日高値となる102円75銭まで上昇。
続落していたNY株式市場も利上げ観測後退で三指数ともに上昇に転じた。

しかし、その後は利上げ期待の後退によるドル売りの動きが強まり、結果的にドルは上値の重い展開が続いている。

今日もNY時間に米8月CPIが発表されるが、この数字が予想を下回るようなら更なる利上げ期待の後退によるドル売りが進む可能性もある。
しかし、米長期金利は依然として高止まりしておりドルの下支え要因となる。
また、NY株式市場の上昇も円安に作用することからドル円も底堅い動きが予想される。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 10:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長