PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

昨日の動きから102.35-30割れにはストップが隠れている可能性もあり、指値では買いにくいので、102.30-10ゾーンを日経平均株価の動向を見ながら一回買ってみて様子を見たいとイメージします。

買っていてこれが割れたらあかんというストップポイントは、102.05-102.00なので、ストップを101.99に置くとしたら102.18~13ぐらいの押しを叩いて買うようなイメージ。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

前日にはブレイナードFRB理事が早期利上げに対して慎重な姿勢を示したことでドル売りが強まったが、昨日は一転、ドル高円安の動きが強まり反発に転じるなど方向感の掴み難い相場展開が続いている。

東京市場では前日のドル安の流れを継いでドル円は102円付近から101円ミドルへ下落するなど、軟調な地合いで始まった。
その後はもみ合いが続いたものの欧州市場に入ると日本の財務省が40年債の増発を正式決定したことが伝えられ円が下落。
ドル円は102円台に再び乗せてきた。

NY市場では原油価格が下落して始まった。
IEAが9月の月報で原油供給過剰が2017年前半まで続くとの見通しを発表したためだ。
原油の下落を受け前日大きく上昇した株式市場も一転して反落。
前日の上昇幅以上の下落となった。

一方、米長期金利が1.73%台に乗るなど6月24日以来の上昇。
株式も債券市場も結果的に早期利上げを意識した動きがみられた。
今日からはFOMCメンバーの情報発信が控えられるブラックアウト期間に入ることから、市場には憶測が広がりやすい。
今後は米経済指標の結果に対し過度に反応してくるだろう。
未だ、市場は米利上げに対する織り込み度は低いことからドル上昇余地は残る。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長