PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

今日は出来たら100.400以下、100.30にかけて押し目を買いから参入、ストップは99.950に置きながら、利食いは100.78-83レベルでイメージしている。
無理に上値は追いかけないが、戻り売りで100.65を売りたいとは今は思わない。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

ドルは全般に底堅い動きで終始。
明日のイエレン議長のジャクソンホールでの公演を控え最終調整に入ったとみられる。
東京市場は日経平均株価が上昇して始まったことで100円前半からミドル付近に上昇。
しかし、株価も利食い売りなどに押し戻されるとドル円も一緒に下落する等株価との連動性が見られた。
その後も株価の動きに合わせて動くなど、方向感の乏しい動きが続いた。

欧州市場は米長期金利の低下によりドル売りから始まるとドル円も100円前半まで押し戻されるなど往って来い。
一方、前日に引き続きユーロポンドの売りが強まるなど中期的なポンド買い戻しも対ドルでみられた。

NY時間に発表された7月中古住宅販売件数は-3.2%と予想の-1.2%を下回り5か月ぶりのマイナスとなった。
発表直後はドル売りとなったがすぐに上昇に転じた。
販売価格が+5.3%に上昇したことが要因とみられる。
その前日発表された新築住宅販売件数と合わせると住宅市場は依然として好調な動きが続いていることから楽観的な見方が広がった。

原油価格が週間在庫の予想を上回り増加となったことで下落。
NY株式市場も三指数ともに下落するなどさえない動きが続いた。
一方、ドル円は円ロングの巻き戻しが入るなど底堅い動きで推移。
明日にイエレン議長講演を控え為替市場だけではなく株式や原油市場などでポジション調整が入りやすい状況が続いている。
今日も最終調整の動きが更に強まりそうだ。



みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長