PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

101.240、101.330レベルを売りから。
指値はやはり行わないようにします。
いきなり昨日のように株式連動で変な買いが出たら嫌ですから。
ストップは101.530に置いて、付いたらもう一回売り場探しします。
100.700以下は利食い千人力で。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

東京市場では日経平均株価が下落して始まったもののドル円は底堅い動きとなった。
しかし、その後日本国債が急落。円の長期金利上昇で円高の流れが強まった。

円高の流れを受け麻生財務相と黒田日銀総裁が会談を開くとした報道が流れたが市場の反応は見られなかった。
ドル円の下落が続く中で麻生財務相が口先介入を行ったが円高の流れは続いた。

欧州市場に入るとユーロやポンドが買われたことでドルが全般に売りが強まり、ドル円の下落が更に加速。102円を割り込み101円ミドルまで下落。

NY株式市場も欧州株価の下落の流れを受け軟調なスタート。
また、原油価格が4月以来の1バレル40ドル割れとなったことで株価は更に下落。
リスク回避の円高とドル安が重なりドル円は100円ミドルまで下落。
動意の乏しい前日とは一転して市場全体が弱気相場に移った。

東京時間に発表された豪中銀RBAが政策金利を予想通り0.25%引き下げ豪ドルが下落。
しかし、その後材料出尽くし感からの買い戻しが入り上昇に転じた。
原油価格が下落したにもかかわらず豪ドルの上昇は止まらず、結果的にドル安の流れが全般に目立つ一日となった。

NYダウは7日連続で下落し、米国長期債も売りが強まり金利は上昇。
株安債券安、そしてドル安が進む米国離れの動きとなった。

市場全体に悲観的なムードが広がり始めており、リスク回避の円高金価格上昇といった動きが今日も継続すると予想される。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長