PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

本日はやはり方向としては戻り売りスタンスで105.78-83でまずは戻り売りスタンス。
ストップは106.21に置きながら、利食いは105.50割れ、105.30-25でイメージ。
105.40-42が固いようなら、当たり前ですが利食い千人力で。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

週明け東京市場は先週末の堅調なNY株式市場を継いで底堅い動きでスタート。
ドル円もゴトービの仲値買いも入り106円後半まで上昇。
しかし、企業決算を控え株式市場ではポジション調整の売りに押されたことで、ドル円も押し戻された。
欧州市場はこの日発表されたドイツ7月Ifoが予想を上回ったことからユーロが上昇。
株式市場が上昇し、リスクオンの円売りが強まった。

NY市場では原油価格が下落したことで株式市場が軟調な地合いとなり全般にリスク回避の動きが強まった。
特にこの日は目立った材料がない中で、今日から始まるFOMC会合を意識した方向感の乏しい動きが続いた。
本日のNY時間にはケースシラー住宅価格指数や新築住宅販売件数、そして消費者信頼感指数などの指標発表があり注目が集まる。

これらの結果が予想を上回るようなら明日のFOMCではタカ派色が濃くなり、年内早期利上げ期待が高まる。
そうなれば、ドル高に反応するものの、株式市場が軟調地合いになるとリスクオフの円高が更に高まる。
予想を下回った時は反対にドル安円安の動きが強まることになる。
結局、FOMCを控えドル高と円高の綱引きとなりドル円も動き難い展開が続きそうだ。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長