PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

大きく跳ねたらカウンター気味に売ってもいいのかもしれませんが、下がったら買いたいイメージの方が強いです。
106.80買い、ストップは106.45で。利食いは107.48で。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

東京市場でドル円は朝方106円を割り込んだものの、その後は堅調な地合いで推移。
日本政府による景気下支えや日銀の追加緩和期待が改めて意識された模様。
欧米市場では各国株式市場が堅調に推移したことでリスクオンの動きが強まった。
また、下落して始まった原油価格も週間在庫統計が予想よりも減少したことで反発。
資源国通貨を中心にクロス円が買われるなど、円全面安の展開となった。

また、日本政府が20兆円超規模の経済対策を視野に入れているとの報道からドル円はブレグジット直前の高値を超え107円台に乗せた。
ポンドも堅調。BOEがブレグジット後は不透明感が広がっているものの、企業活動が著しく弱まった兆候はないとの見方を示した。
市場は8月の利下げを見込んでいたこともあり、ポンドの買い戻しが強まった。

米国株式市場が堅調な地合いを継続していることから、FRBによる年内利上げの可能性が再び高まり始めている。
ブレグジットショックへの不安も後退し、日本の景気対策や米国経済への期待が市場のリスク志向を高めている。
今日もこのセンチメントは継続され、ポンド高円安の動きが更に強まる可能性が高い。
また、本日はECB理事会が開かれる。
今回は追加緩和は見送られると予想されるが、債券ルールの見直しなどが示されるようならユーロ売りが強まるとみる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長