PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

102.70-75で売り。ストップは103.050、利食い102.25-20で買い戻しとしておきます。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

週明け東京市場では早朝に豪ドルが下落して始まった。
週末に行われた豪州選挙では野党与党共に過半数を獲得できないとの見方から豪ドルが対ドル対円で下落。
その後は日経平均株価や中国株式市場が堅調な地合いとなったことで豪ドルは上昇。
リスク回避の後退で円も弱含みで推移。

欧州市場が始まったところではユーロ豪ドルのクロス売りが出てユーロが下落する場面も見られたがすぐに反発。
ユーロ圏PMIが予想を上回り、英国建設PMIが悪化したことでユーロポンドの買いがユーロを押し上げた。
アジア市場では珍しく豪ドルを中心とした相場展開が続いたが、欧米市場ではドルの弱さが目立った。

この日のNY市場は独立記念日という事で休場となり市場の流動性が低下。
その中でも、全般にユーロやポンド、豪ドルは底堅い動きを示した。
結果的にドル安の流れが少しずつ強まる中で、連休明けとなるNY勢の出方に注目が集まる。

英国離脱ショックは先週一週間で大分後退しており、徐々にリスク回避の動きが弱まり始めている。
安全通貨としてのドルや円が過剰に買われた反動の動きが出る可能性がある。
今日のアジア時間にはRBA会合が開かれる。

ブレグジットによる世界経済の下振れ懸念から各中銀の緩和姿勢が強まる中で、最初の中銀会合という事で注目したい。
もし、強い緩和姿勢が示されない場合には市場に安心感が広がりリスク回避の動きが後退するか注目。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長