PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

日経平均株価の動向も注意しながら109.65-70から109.90にかけて戻り売り。
110.100でストップ、利食いはとりあえず109.20以下109.00にかけて。
割れたら売ってすぐ買い戻す方針。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

ドル円が一気に2円近く下落するなど、一日で一気に円高が進んだ。
東京市場では前日からドル円はやや上値の重いものの、落ち着いた動きで始まった。
日経平均株価も軟調なスタートとなった。

しかし、午後に入りドル円の纏まった売りが入ると110円を割り込んだ。
これを受け日経平均株価も急落するなど、一気にリスクオフの動きが強まった。
安倍首相が正式に消費増税延期を表明したことも円高要因となったとの見方もある。
所謂材料出尽くしというものだが、それだけではない。
ここにきてイベントリスクが燻ぶり始めたためと考えられる。

今日6月2日はECB理事会やOPEC総会が開かれる。
OPEC総会ではイランが生産凍結に応じない姿勢を示しており、増産凍結に向けた合意が決裂すれば原油価格が下落し株価も下落。円高要因となる。
ECB理事会では追加緩和が見送られるとともに、追加利下げの可能性が改めて否定されるとの見方もある。
そうなればユーロが更に上昇しドル安が強まりかねない。
また、昨日は英国のEU残留・離脱支持が41%で並んでいるとの報道もあり、今月23日の国民投票まで市場には不安感が漂う。

更に、明日の米雇用統計というビッグイベントが控える中で、安全通貨の円に買いが入ったとみられる。
ただ、これらも急激に上昇したドル円の調整の範囲であり、イベントが通過すれば再び円安ドル高の流れに戻るとみる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長