PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

110.05以下109.80にかけて押しを買ってみて110.50手前で利食いする回転をイメージ。
指値は109.920と109.820で。ストップ109.650で。
利食いは110.40~48で、利食い千人力。

本日もよろしくお願いいたします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

FOMC議事要旨が公開され、市場では6月利上げへの期待が高まりドルは全面高となっている。
FOMC議事録では大半のメンバーが経済の好転や、物価が2%に向け上昇継続が確認できれば6月利上げの可能性が高いとみていたことが明らかとなった。

これを受け市場は俄かに利上げ期待が高まりドルは全面高となり米長期金利も急上昇。
一方、株式市場はこれを嫌気し、上昇から一転して下落に転じた。

市場はどちらかといえばハト派的な内容とみていたところも多く、殆ど早期利上げを織り込んでいない状況となっていた。
それだけに、この議事要旨は市場にショックを与えた。

ドル円は一気に110円台を回復。
株価の下落によるリスク回避の円買いの動きを超えるドル買いの勢いが増している。
一方、議事要旨では一部当局者が英国のEU離脱問題と人民元のリスクを指摘していたことが分かった。
ところがこの日、英調査会社による世論調査で英国がEUに残留することを支持する国民が55%、反対は37%であったと報じられポンドは急上昇。
利上げに対するリスクの一つであるEU離脱問題が後退したこともドル買いに拍車をかけたと言える。

これまで6月利上げの可能性は殆どないとみていた市場だけに、今後この流れを織り込む形でドル上昇の動きが強まるとみる。
それには今後の米雇用統計など、米経済指標の改善が必要条件であり、一気にドル買いという流れには向かいにくい。
ただ、市場があまりに利上げを織り込んでいなかったこともあり、目先ドルの底堅さが続くことになりそうだ。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長