PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

106.85以下であれば買いから。107.50手前では一旦利食い。
更に跳ねたら売り場探しをイメージします。

107.26までもう下がってみましたね、今日はあまり無理せず雇用統計の数字を待ちたいと思います。

本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

本日発表の米4月雇用統計への懸念が拡大する中で、市場は警戒感が高まり始めている。
昨日発表された米新規失業保険申請件数は27.4万件と予想の26.0万件を上回った。
前日発表されたADP雇用統計も予想を大きく下回る悪化を示したことで、本日発表の米雇用統計は予想を下回るとの見方もある。
NY株式市場ではこの発表を控え慎重な動きが目立った。

一方、ドル円は堅調な地合いが続いている。
欧州市場ではユーロが大きく下落して始まった。
円高が一服したところで、それまで連れ高となっていたユーロもここにきて円安の流れに併せるように売りが強まっている。

昨日の欧州市場ではユーロは売りから始まるとドルが一斉に上昇。
ドル円も107円台に乗せてきた。
NY時間に発表された新規失業保険申請件数が予想を上回る悪化となったことでドルは反落。
ドル円も再び106円後半に押し戻された。

しかし、安倍首相の「為替相場の急激な変動は望ましくない」「為替の動向を注意深く見て必要に応じて対応」「独仏首脳と為替安定で一致」という発言で再び上昇に転じた。

市場は今日発表の米雇用統計が予想を下回るとの見方も広がり始めている。
しかし、それにしては各市場は落ち着いた動きが続いており、特に為替市場ではドル高の動きが強まっている。
雇用統計への悲観的な見方が先行するほど、寧ろ予想通りの結果となればその反動が出やすい。
雇用改善による利上げ期待が再浮上すれば一段のドル高に繋がることになる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長