PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

106.65-75で売りから入りましょう。
107.05でストップ、利食いは106.25-15で。
一応バリアの手前で買い戻しをかけてまた海外時間向けは戻り売りを狙う方針でイメージします。

連休の谷間でやりにくいですが、本日もよろしくお願い申し上げます。


<本日の為替相場のポイントと予想>

先週はFOMCと日銀会合が開かれ、結果的に円全面高となった。
先週のFOMC会合ではほぼ予想通り利上げ時期へのヒントは見られず、早期利上げ期待は高まらなかった。結果的にドル高への期待は後退する中で日銀会合が開かれた。
市場は既にマイナス金利拡大とともに金融機関へのマイナス金利適用も決定されるとの見方が広がっていた。

しかし、日銀は現状維持を決定したことで市場は失望感から円が全面高。ドル円は一気に3円下落。
その後ドル安の動きも強まる中でドル円は2004年10月ぶりの円高となる106円前半まで売り込まれて終了。
ドル高期待が後退し、日銀の金融政策による円安期待も消滅した。
後は円高を抑制する手段としてはドル買い円売り介入しかないという状況となった。

しかし、その円売り介入は米国からのけん制発言もあり非常に難しい状況であった。
ちょうどゴールデンウイークに突入したことで、当局からの介入が出にくいという見方もあった。
結局、円高が止まらずドル円投げ売り状態となった。
円が上昇したことでドルが売られる中、ユーロやポンド、そして資源国通貨は上昇。

特に、円と同じような状況にあるユーロにも買いが集まりだした。
円の動きは各通貨のこれまでの動きに変化を与え始めるなど、円以外の市場の流れに変化が起き始めた可能性が高い。

今週も日本のゴールデンウイークは続くが、そろそろドル円の下落も限界に近づいたところで他通貨の動きにも注意したい。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長