PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

109.50は重たいものの、109.00,108.90は押し目買いしてみて109.50トライを再度待ちたい。
ストップは108.70で。利食いは109.45アッパー、109.50が抜けてストップで跳ねたら109.75-80では利食いならびに新規売り準備を行いたいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

株価や原油価格の上昇で市場には全般に楽観的なムードが広がり、リスクオンの円安とドル安も同時に進行している。
東京市場では前日のNY市場で予想外の円安が強まったことやNY株価の上昇を好感。
日経平均株価は大幅上昇となり、円もリスク選好の動きから売りが先行。
ドル円は109円台に乗せた。

引け後に利食い売りなども見られたが、欧州市場では日経平均先物の上昇に併せて円売りが先行。
ドル円だけではなくクロス円でも全般に買いが目立った。
NY市場では原油価格が前日に引き続き上昇。
クウェートの石油労働者ストライキが3日目に入ったことなども価格を押し上げる要因となった。

前日に節目の1万8000ドル台に乗せたNYダウはこの日も続伸。
利食い売りをこなしながら50ドル近く上昇する等、リスク選好の動きが強まった。

一方、この日発表の米3月住宅着工件数や住宅許可件数が予想を大きく下回り、住宅市場の弱さが示された。
発表後はドル売りが強まったが、寧ろクロス円の買いが強まりドル円の下値も限られた。
結果的にドル安と円安が同時に進行したことでドルは円以外の主要通貨に対し下落。
市場の円高リスクがこれで収まったわけではないものの、G20や主要産油国協議などのイベントリスクが終了したことで一時的に市場には安心感が広がっている。
来週は日銀会合やFOMC会合を控えており、リスクオンの動きは短命で終わる可能性も高い。

今日は日本の貿易収支の発表などに注目が集まる。
黒字が拡大すると予想されるが、今の市場のセンチメントでは円高への影響は限定的とみる。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 09:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長