PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小林芳彦・今朝の一押し戦略

小林芳彦・今朝の一押し戦略


< 米ドル円 朝の一手>

おはようございます。

相当輸出の先物売りが売り遅れている印象であるため、実需売りが109円にかけて出てくる可能性が高いような感じで見ています。
でも108.61から新規売りする気にはならず、昨日の流れからはやはり押し目買いで参入したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。


<本日の為替相場のポイントと予想>

東京市場では久しぶりに株価が上昇し円安が進んだ。
また、NY市場でも原油価格と株式市場が上昇するなど、市場に安心感が広がり始めている。
明日からワシントンで始まるG20を控え、麻生財務相は
「必要な措置はG20の合意内容に沿って行える」
「為替市場で一方的に偏った動きがあれば、必要な措置を取る」と発言。
実際に介入が出来るのかは分からないが、G20の間は一先ず円買いの動きに一服感が現れた。

ドル円は108円台で底堅い動きとなり、日経平均株価も前日のNY株価下落にも拘わらず大きく反発。
市場には一先ず安心感が広がった。
NY市場にかけては原油価格が上昇したことでNY株式市場も三指数ともに反発。
リスクオンによる円安の動きも見られ、ドル円は108円後半に上昇。
原油価格は17日に行われるOPECと非加盟国との協議に於いて、サウジとロシアが増産凍結で合意したとの報道で上昇。
また、エネルギー情報局が今年と来年の原油価格の見通しを上方修正したことも好感。
本日のNY時間に発表される米3月小売売上高は前月から改善が予想される。

また、ベージュブックが発表される。
原油高や株高、そして更に経済の底堅さが改めて確認されるようなら、再びFOMCでの早期利上げへ期待が高まる。
ただ、G20や週末の増産凍結協議が終わるまでは、慎重な動きとともに一段の円高修正の動きもみられそうだ。




みんなのFX

ダメおやじが本気で作った指南書完成!サラリーマンや主婦の方は必見の兼業投資家専用の実践型FXトレードレポートをプレゼント中!!

| 小林芳彦・今の一押し戦略 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FX係長 FX係長